ポートフォリオ【spp】

お問合せ製品の購入
spp
【簡単操作】全てをグラフ表示
【売上に結びつく販売分析】
ホーム分析の「こつ」様々な分析手法 > ポートフォリオ
ポートフォリオ + Zチャート + ABC分析 + クロスABC分析 + RFM分析

ポートフォリオの概要

ポートフォリオは右図のように、シェアと伸び率を軸として、地域や顧客の実績値をその交点に円として描いたチャートです。


  • チャートは4分割され、そのエリア毎に次のような基準に照らして分析します。
ポートフォリオ

エリアを4分割する2本の線は、「勝ち負けを判断する基準」としての意味を持ち、この線を引く位置は、営業あるいはマーケティング担当者によって、市場動向や営業目標などに照らして決められるものです。 1つの基準として、縦線は「ABC分析でAランクの最後に位置する顧客や商品」のシェア(または構成比)、横線は業界または自社の目標成長率を採用してはいかがでしょうか。この線を越えれば「勝ち」です!!

「分析技」における利用例

1例として、『分析技』のポートフォリオを顧客分析に使えば、顧客ごとの販売額や販売内容を円グラフが、その顧客の成長度や重要度を「位置」が、明確に示してくれます。

ポートフォリオで顧客分析
  • A :   いつまでもこのエリアにいる顧客は、撤退か?現状維持か?
  • B :   このエリアの顧客は、いかにして構成比を上げるかが課題
  • C :   このエリアは激戦区。訪問頻度を上げる、滞在時間を増やすなどの深化工作を!
  • D :   この顧客は最重要顧客。油断して敵の侵食を受けないように!

『分析技シリーズ』のポートフォリオは動きます!

ポートフォリオは、「その表示位置」で、市場での勝ち負けを伝えてくれます。そして月ごとの推移を「動き」で示し、軌跡を描きます。

円グラフの内訳は自由に選べます!

1つ以上の自由な組み合わせができる円グラフは、「注力商品」の動向を調べるときなどにたいへん便利。もちろん推移を表示することもできます。

SPPの動くポートフォリオ1 SPPの動くポートフォリオ2

ポートフォリオを利用できる製品

  • GRAPHKA Pro, 7 ――あらゆる分析を全てグラフで表示。簡単な操作でシーンに応じた最適な図を提供します。
  • 無料体験版のお申し込み、お問い合わせはこちらから